日本の煎餅の種類

煎餅(せんべい)は、穀物の粉を使って作る日本古来の「焼き菓子」の総称です。

煎餅の「煎」は、材料を水に溶き、鉄板の上で「茶」を煎じるように、丸く広げた「餅」ということから「煎餅」と呼ばれるようになったとされています。「お好み焼き」も煎餅の一種ととらえられているところもあるようです。日本では、硬く薄くなったパリッとした焼き菓子を煎餅とするのが一般的です。

中部地区を境に、東日本では、 原材料に米を使ったものを「あられ」、小さめのものを「おかき」、小麦粉を使ったものを「煎餅」と呼ぶのが一般的なようです。 西日本では、どちらも「煎餅」と呼称されて、煎餅というと小麦粉原料のものを指すのが一般的なようです。
では、2つに分類してご説明いたします。

お米でできた、堅い煎餅:
日本独特のものといわれ「煎餅」は、原料が「うるち米」、小さめの「おかき(かきもち)」は、「もち米」が、主原料です。 関東風のせんべい:東京で煎餅というと、蒸して、薄く伸ばし、包丁または型でぬいて網焼きにし、醤油か塩で味付けしたものです。
(あられ 餅 米菓 煎餅)

小麦粉でできた、甘い煎餅:
中国から伝来したといわれていますが、737年「但馬国正税帳」に同様のものが記されているようです。「小麦粉」が主原料です。 関西風のせんべい:京都、大阪で煎餅と申しますと、小麦粉を水で溶いて砂糖などで軽い甘みをつけ、金型に流し込んで焼いたり、焼印を押したりします。
材料に卵やなどの原料と混ぜ合わせたり、 穀物・海苔・味物を表面にまぶしたり、 豆をそのまま混ぜ合わせたり、粉砕して混ぜ合わせたり、 焼き上がりの熱いうちに形を変形させたり、 アイディアでいろいろな製品を生み出すことができます。
(焼き菓子 カステラ 甘味煎餅 でん粉の煎餅 唐菓子)

煎餅の歴史

737年(西暦)
 奈良正倉院所蔵保存「但馬国正税帳」煎餅(いりひもち)。
806年
 弘法大師空海、唐国から煎餅の製法を伝える。
1005年
 「源氏物語」粉熟(煎餅と同様の菓子と思われる)。
1120年
 栄西ら禅宗の僧侶たちのあいだに、質素な小麦粉食品がにわかに普及する。以降、禅>茶道 千利休など、茶道で普及する。
 穀物粉をひいて、練る、つく、などして焼いたものをおやつや間食として広まった。
1787年
 「江戸町中喰物重宝記」さまざまな煎餅が記載。勤交代制度により、街道の宿場町が栄えると同時に、
 農家のおやつであった煎餅が旅人たちに好まれるようになる。
 江戸末期「菓子製方大全」では、さまざまな煎餅の製法が紹介されている。

八百津せんべいの歴史

明治以降に食糧事情も悪く栄養の補給と食物の保存の方法として、焼き菓子が八百津を中心に製造されだしたのが始まりとされています。